2016.05.30更新

続きです◎

 

歯ぎしりの治療で最も一般的に行われる方法は、

ナイトガードをして就寝することです。

 

歯ぎしり3

ナイトガードとは…
就寝時に使用するマウスピースです。
歯科にて、歯の型どりをし、作成します。


就寝時、プラスチック製のナイトガードを装着することにより、
歯や顎にかかる負担を軽減し、歯ぎしりの症状を和らげます。
症状が和らぐと、就寝時に感じていたストレスも軽減し、

その結果、歯ぎしりが治っていくという治療目的があります。


歯ぎしりでお悩みの方、ナイトガードをご検討の方、
是非一度、当院でご相談下さい☆

 

受付 大須賀

投稿者: 新横浜プリンスペペ歯科クリニック

2016.05.30更新

みなさん、こんにちは!

受付の大須賀です!


最近、暑さを感じることが多くなってきました。
みなさんは、お元気でお過ごしでしょうか?


今回は、歯ぎしりについてお話します。

 

歯ぎしり

 

睡眠時に自分でも気がつかないうちに歯ぎしりをしてしまい、
快適な睡眠を妨げている方は、少なくないと思います。


睡眠時の歯ぎしりは、
食事をする際の3倍の力で噛み締めているとも言われているのです。


歯ぎしりは、快適な睡眠を妨げること以外に
放っておくと下記の症状が起る場合があります。
・歯がすり減る
・歯茎など歯を支える組織にも影響がでて、歯周病が発症・悪化
・詰め物が外れたり、インプラントが破損
・顎の疲れや痛み、肩こり、顎関節症の原因になる

 

 歯ぎしり

 


では、歯ぎしりはどうしたら治るのか…
それは次回に続きます。

投稿者: 新横浜プリンスペペ歯科クリニック

新横浜プリンスペペ歯科クリニック045-472-3888