2019.07.23更新

皆さんこんにちは。副院長の花澤です。

 

今回はマウスピース矯正の患者様です。

 

患者様の主訴は、上の前歯の隙間(正中離開)と下の前歯の凸凹(叢生)でした。

 

治療計画の中で、目立つ装置はつけず、虫歯や歯周病のリスクを上げずに治したいという患者様の希望により、マウスピース矯正治療を選択しました。

 

術前

x

 

術後

z

 

期間は半年以内。マウスピースの枚数は10枚以内。

 

皆さんも気になるかたは、シミュレーション・診断だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

花澤flower2

 

投稿者: 新横浜プリンスペペ歯科クリニック

新横浜プリンスペペ歯科クリニック045-472-3888